忍者ブログ
ECOネタ界に新規参戦してみようとする人のブログ。 Freesiaにて同名キャラが活動中。
| Admin | Res |
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雛野「SNSでECO復帰するーって言っておきながらこの始末!」
芽依「何してたんだ…。」
雛野「それはちょっと、えーっとここで言うには憚られるものなので。」
みにょん「…見損ないましたよ。」
雛野「はっ!?いや違うから!私事でやらなくなっただけだから!」
みにょん「そうですか、ならそうと言ってくださいよ。」

みにょん「まぁ、それはさておき。皆様今年もよろしくお願い致します。」
芽依「隠居気味だけどそれなりに活動はする予定だから、よろしくね。」

雛野「コンゴトモ ヨロシク・・・」
芽依「悪魔かッ!!」
PR
みにょん「~♪」
芽依「なんか機嫌いいね?」
雛野「マスターやってるリングで飛空城が完成したんだってさ。滅べば良いのに。」
芽依「なんでそんなヘイトフルなんですか雛野さん…。」
雛野「起動頻度が減ったというか、エンシェントアークか演習くらいにしか行かなくなったわたし。あとよそもの。」
芽依「……。」
みにょん「私はつい先ほどまでディメンション氷結の坑道に行ってました。」
芽依「…は?いや私そこ行けないんですがー!?」
その日、雛野は特にやることもなくアップタウンをぶらぶらしていた。
街にはゴーレムと呼ばれるマリオネットの一種が店番をしていて、暇を潰す為のウィンドーショッピングには最適だった。
ヘアカタログや綺麗な洋服の値段を見てはため息を吐き、いつか買えたらと思いつつぶらぶらしていると、いきなり肩を叩かれる。
知り合いかな?と思い振り返ると、見知らぬエミル二人組がそこには居た。
「姉ちゃん暇ー?今から俺たちと一緒に遊ばないー?」
どうやら、ナンパをされているようだ。なんでわざわざ私に、と思いながら面倒くさそうに、
「あなたたちと遊んでいる暇はないです。」
と言い放つ…が。男達は引き下がらなかった。
「ええー、そりゃないだろー。ねぇ、頼むよー。一緒に遊ぼうぜー?楽しいよ?」
「だから、遊んでいる暇はないって―――。」
と、その時…不意に横から声がした。
「こんな所に居たのか!探したぞ。さ、行こう。」
「え、えっ?」
声の主を見る間もなく、手を引かれてどこかに連れて行かれる。
男達は、舌打ちしてどっかに行ってしまった。

「…ふう、ここならいいだろう。」
ようやく手が離れて、その時に声の主を見る事が出来た。
「お前、大丈夫か?」
そう言って問いかける男は……。
「あっ、ああああ!!あの時の!!!」
紛れもなく、あの時雛野を誘拐した男、『銀』だった。
「ん…?って、お前は。」
「忘れたとは言わせないよ!あんたに捕まったんだからね!!」
「あ、ああ…すまんな。」
あっさりと謝られて拍子抜けをする雛野。
「えっ?」
「いや、命令とは言えお前には酷い事をした。」
「あ…うん…。」
「俺はアルジェント。もし良かったら埋め合わせをさせてくれ。」
「埋め合わせ…?なんで?」
「あのときのお詫びだ。だから、今から時間があれば茶の一つ位は奢らせてくれ。」
「…ふうん……んーまぁ、分かった。そう言うなら、お願いします。」
そう言って、アルジェントにぺこりと頭を下げる。
「そうだな、俺が良く行く喫茶店が近くにあるんだ。そこに行こう。」
「分かった。着いてくね。」

数分後、喫茶店に着いた。テーブル席で向かい合わせに座ると、アルジェントはさっとメニューを雛野に差し出す。
「あ、ありがとう。」
「ああ、ゆっくり決めて良いぞ。」
そう言って出されたお冷やを一口。
「…男の人とこうやってお茶するのって、初めてでちょっと緊張しちゃうな…。」
雛野がそう呟いた言葉をアルジェントは聞き逃さなかったようだ。
「そうなのか。まあ俺は特に下心は無いから安心してくれ。」
「う、うん。」
それから、雛野は紅茶、アルジェントも紅茶を頼む。
「ん?紅茶…?」
「ああ、ここは紅茶が美味いからな。珈琲は別の所で飲む。」
「へえ、そうなんだ…。」

それから、他愛もない会話をして、カップが空になった頃。
「…今日は、ありがとう。ビックリしちゃった。」
「ん、気にするな。」
「…うん。あの、連絡先、良かったら交換してもらってもいい?」
「ああ、良いぜ。これでいいか?」
そう言ってアルジェントは携帯型通信端末を取り出す。
雛野も同じように取り出して、お互いの連絡先を交換した。
「よろしく、ね。」
「ああ、よろしく。さて、そろそろ出るか。」
「…ん、分かった。」
そう言って二人は店を出る。支払いは言った通りアルジェントが全て支払ってしまった。
やっぱり悪いかな、と思い財布を出そうとすると。
「気にするなよ。こっちも、楽しかった。」
「…うん。」
楽しかった、と言われてちょっと照れてしまった。
「それじゃあ、送ろうか?」
「…いや、ここでいいよ。ありがとね。」
「そうか。分かった。じゃあまたな。出来れば仕事以外で会えればいいな。」
「うん。またね。」

アルジェントと別れて、家路に着く。
「うああ…なんで照れてるんだろ…。」
雛野は自分の行動に不審を覚えつつ家に帰ると、みにょんが出迎えてくれた。
「おかえりなさい。雛野、にやけてませんか?」
「えっ!?」
思わず口元に手を当てる。
「冗談です。でもちょっと嬉しそうな顔はしていましたね。」
「そ、そっか…嬉しそうな、ってうーん…。」
悩みながら、自分の部屋に戻っていく。
部屋に入ると、ベッドにダイブして通信端末を開いて、アルジェントの連絡先を眺める。
「そう言えば、男の人と連絡先を交換したのも初めてだなあ。」
そう思うと、照れで少しだけ顔が熱くなるのを感じる雛野だった。
芽依「画像すらないってどういう事なの。」

雛野「実は環境的な問題で、アップの顔写真を撮影するのに手間が掛かるんだよね。」
芽依「まーたメタな話を。で、何が変わったの?」
雛野「まずモニターがフルHDに変わったことで解像度を1600x900にしたんだ。それでズームにすると今までよりもっとアップで写っちゃうんだよね。」
芽依「ふうん。」


※クリックすると出るけど別に見なくてもいいのよ

芽依「サムネが作れないって何さ。まあいいや、でなんでフルスクリーンじゃないの?」
雛野「雨月曰く『フルスクでやるゲームはFPSかFF11だけ』だってさ。」
芽依「そう……。所で、なんで経験値ふえーるH150なんて持ってr……。」


???「・・・。」
   次のページ
ひとこと・お知らせ
宣伝。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログについて
・ブログ名の読み方について
Turm der Luftspiegelungと書いて、
トゥルム デア ルフトシュピーゲルングと読みます。

・リンクについて
リンクフリーですのでご自由に!

・その他
Freesiaで見かけたら是非話しかけてみてください。
忙しくない限りは喜んでお返事いたします。
最新コメント
[02/02 シルヴィア]
[05/15 雨月]
[05/12 シルヴィア&ヴィーヴ]
[08/03 シルヴィア&ヴィーヴ]
[01/15 雨月]
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory     Material by cherish

(C)2008 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
(C)ARTDINK 2005 (C)CYBERFRONT 2005


忍者ブログ [PR]