忍者ブログ
ECOネタ界に新規参戦してみようとする人のブログ。 Freesiaにて同名キャラが活動中。
| Admin | Res |
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その日、雛野は特にやることもなくアップタウンをぶらぶらしていた。
街にはゴーレムと呼ばれるマリオネットの一種が店番をしていて、暇を潰す為のウィンドーショッピングには最適だった。
ヘアカタログや綺麗な洋服の値段を見てはため息を吐き、いつか買えたらと思いつつぶらぶらしていると、いきなり肩を叩かれる。
知り合いかな?と思い振り返ると、見知らぬエミル二人組がそこには居た。
「姉ちゃん暇ー?今から俺たちと一緒に遊ばないー?」
どうやら、ナンパをされているようだ。なんでわざわざ私に、と思いながら面倒くさそうに、
「あなたたちと遊んでいる暇はないです。」
と言い放つ…が。男達は引き下がらなかった。
「ええー、そりゃないだろー。ねぇ、頼むよー。一緒に遊ぼうぜー?楽しいよ?」
「だから、遊んでいる暇はないって―――。」
と、その時…不意に横から声がした。
「こんな所に居たのか!探したぞ。さ、行こう。」
「え、えっ?」
声の主を見る間もなく、手を引かれてどこかに連れて行かれる。
男達は、舌打ちしてどっかに行ってしまった。

「…ふう、ここならいいだろう。」
ようやく手が離れて、その時に声の主を見る事が出来た。
「お前、大丈夫か?」
そう言って問いかける男は……。
「あっ、ああああ!!あの時の!!!」
紛れもなく、あの時雛野を誘拐した男、『銀』だった。
「ん…?って、お前は。」
「忘れたとは言わせないよ!あんたに捕まったんだからね!!」
「あ、ああ…すまんな。」
あっさりと謝られて拍子抜けをする雛野。
「えっ?」
「いや、命令とは言えお前には酷い事をした。」
「あ…うん…。」
「俺はアルジェント。もし良かったら埋め合わせをさせてくれ。」
「埋め合わせ…?なんで?」
「あのときのお詫びだ。だから、今から時間があれば茶の一つ位は奢らせてくれ。」
「…ふうん……んーまぁ、分かった。そう言うなら、お願いします。」
そう言って、アルジェントにぺこりと頭を下げる。
「そうだな、俺が良く行く喫茶店が近くにあるんだ。そこに行こう。」
「分かった。着いてくね。」

数分後、喫茶店に着いた。テーブル席で向かい合わせに座ると、アルジェントはさっとメニューを雛野に差し出す。
「あ、ありがとう。」
「ああ、ゆっくり決めて良いぞ。」
そう言って出されたお冷やを一口。
「…男の人とこうやってお茶するのって、初めてでちょっと緊張しちゃうな…。」
雛野がそう呟いた言葉をアルジェントは聞き逃さなかったようだ。
「そうなのか。まあ俺は特に下心は無いから安心してくれ。」
「う、うん。」
それから、雛野は紅茶、アルジェントも紅茶を頼む。
「ん?紅茶…?」
「ああ、ここは紅茶が美味いからな。珈琲は別の所で飲む。」
「へえ、そうなんだ…。」

それから、他愛もない会話をして、カップが空になった頃。
「…今日は、ありがとう。ビックリしちゃった。」
「ん、気にするな。」
「…うん。あの、連絡先、良かったら交換してもらってもいい?」
「ああ、良いぜ。これでいいか?」
そう言ってアルジェントは携帯型通信端末を取り出す。
雛野も同じように取り出して、お互いの連絡先を交換した。
「よろしく、ね。」
「ああ、よろしく。さて、そろそろ出るか。」
「…ん、分かった。」
そう言って二人は店を出る。支払いは言った通りアルジェントが全て支払ってしまった。
やっぱり悪いかな、と思い財布を出そうとすると。
「気にするなよ。こっちも、楽しかった。」
「…うん。」
楽しかった、と言われてちょっと照れてしまった。
「それじゃあ、送ろうか?」
「…いや、ここでいいよ。ありがとね。」
「そうか。分かった。じゃあまたな。出来れば仕事以外で会えればいいな。」
「うん。またね。」

アルジェントと別れて、家路に着く。
「うああ…なんで照れてるんだろ…。」
雛野は自分の行動に不審を覚えつつ家に帰ると、みにょんが出迎えてくれた。
「おかえりなさい。雛野、にやけてませんか?」
「えっ!?」
思わず口元に手を当てる。
「冗談です。でもちょっと嬉しそうな顔はしていましたね。」
「そ、そっか…嬉しそうな、ってうーん…。」
悩みながら、自分の部屋に戻っていく。
部屋に入ると、ベッドにダイブして通信端末を開いて、アルジェントの連絡先を眺める。
「そう言えば、男の人と連絡先を交換したのも初めてだなあ。」
そう思うと、照れで少しだけ顔が熱くなるのを感じる雛野だった。
PR
『ひとひらのことのは』

「ここは私専用の場所なの。来ないでくれる?」
彼女―――アヤネは、自己中心的な事を言う。
「貴方専用じゃないでしょう?ここは誰のものでもないよ。」
もう一人―――芽依は、至ってまともな事を言う。
「違う、私がずっと居るからここは私専用なの。」
「どうして?」
「どうしてって、それは居る時間が長いからに決まってるでしょう!とにかくあんたは邪魔なの!」
「醜いね。ガキ大将と同じだよ、貴方。」
「うるさい!!!」

永遠に続くとも思われた、不毛な小競り合いは…『王』の登場により一時的に中断される。
『王』は二人を一瞥すると、取り巻きのガーズを召喚する。
取り巻きを見たアヤネは、腰から剣を抜き、手に魔力を集める。
『王』を見た芽依は、背中から剣を抜き、出力を高める。
二人は、ほぼ一斉に走り出した。

『王』は走り出した二人を見て取り巻きに指示する。
取り巻きは、四散し二人に襲いかかるが、二人は意に介せず『王』を狙う。
どちらが先に手を出したかは分からないが、とにかく二人は『王』を斬りはじめる。
標的を追い『王』の元に戻ってきた取り巻きは、グラヴィティで吹き飛ばされ、旋風剣で切り刻まれる。
そして『王』は丸裸になった。

数刻の後、『王』は地に伏し、その場には背負い魔・ブーストが落ちていた。
芽依は、それを拾おうとしてアヤネの手に触れる。
「あ…。」
「…あ。」
視線が重なった後、アヤネはやはり、
「これは私のものなの!!」
と叫ぶ。
「全く…。そんなに欲しいなら正々堂々決着をつければいいのに。」
「そ、それよ!今から私とそのブーストを賭けて戦いなさい!」
芽依はとりあえず承諾をする。
途端、アヤネは芽依の手を掴み、時空の鍵を鍵穴―――何もない空間―――に差し込み、
アクロニアのダウンタウンに帰還する。
「ちょっと、心の準備が出来てないよ!」
「善は急げ、とよく言ったものよ!さあ早く!!」
「はぁ…こうなったら覚悟を決めるしかないか。戦え私。」

闘技場に入った二人は、剣を構える。
「いい?爆竹を投げたら試合開始よ!」
「分かった…。手加減は無しね。」
アヤネは爆竹を投げる。
そして、爆竹が鳴り響く―――試合開始。

炎魔剣「レヴァンテイン」に持てる限りの魔力を集め、その炎が勢いを増す。
機械剣「レーザーブレイド」のリミッターを解除し、出力が最大を超す。
炎はアヤネを嘗めるように大きく、そして高熱になる。
限界を超えた出力に剣が悲鳴を上げ、そして火花が飛び散る。
アヤネは、炎を身に纏わせながら芽依の方へ歩く。
芽依は、熱と気迫に気圧され、数歩下がる。が、すぐに火花を散らす剣を脇に構え、
そのまま走り出した。
アヤネはこちらへと距離を詰めた芽依に対し、剣を横に振る。
一閃。衝撃波が地を這い、芽依に迫る。
芽依は地を這う衝撃波を避けようと横っ飛びをする。
刹那。炎が芽依に襲いかかる。
この予想外の攻撃に芽依は驚いて動けず、まともにダメージを受けてしまった。
炎はさらに勢いを増し、芽依の身体を焼く。
「きゃああああ!」
悲鳴をあげ、気がついたかのように炎から逃れようとするが、
アヤネの斬撃無双を受けて吹き飛ばされる。
勢いよく転がる芽依。アヤネはさらに追撃をかける。
「呑まれてしまえ!!」
そう叫んで炎を纏った剣を全力で振り下ろす。
この体勢からの反撃は無理と判断した芽依は転がって避ける。
そして立ち上がり、再度剣を構えて相手を見据える。
アヤネは立ち上がった芽依を見、両手で剣を握りしめ勢いに任せてなぎ払う。
それを剣で防御しようと剣を構える芽依。
互いの剣がぶつかり、そして―――突き刺さった。
機械剣の出力を上げすぎた為に、刀身部分が熔解し脆くなっていたのである。
脆い剣で防御を行った芽依は剣が折れた事を認識するのと、
自分の脇腹に剣が突き刺さっている事実に気がつくのは、同時だった。

「っ…!!」
芽依は驚き、剣の残骸を取り落とす。
しめたとばかりに炎魔剣「レヴァンテイン」の魔力が一気に上がった。
炎は先ほどよりも大きく、アヤネを呑み込む。
そのまま走り込み、勢いに任せて剣を叩き込むアヤネ。

アヤネの剣が芽依に吸い込まれる、その時。

紫の光がアヤネの剣をはじき返す。
「!?」
体勢を崩しながらも立て直し、反射的に相手を見据える。
芽依の手には、黒い剣が握られていた。

「あはは…ごめん、これは使いたくなかったんだけど…。」
すこし申し訳なさそう芽依が言う。
そして、脇腹の痛みに顔をしかめながらも剣を構え、
アヤネの目の前まで移動していた。
無拍子。そして、百鬼哭。
負けじと斬撃無双を放つアヤネ。
剣と剣が交差し、そして離れる。
アヤネの手から、レヴァンテインが離れてしまった。
そしてその首に剣を突きつける芽依。
「どうする?降参?」
「まだ……っ!」
「動くと、斬るよ。」
「…降参します。」
「分かった。私の勝ちね。」
そう言うと同時に芽依はその場に倒れ込んでしまった。

「気がついたかしら?」
そう言われて、芽依は目を開ける。
「ぁ…ここは…?」
「私…アヤネの家。」
「アヤネ…さっきの決闘の…。」
「ええ。脇腹は大丈夫なの?」
「うん。もう痛くないよ。」
「そう…なら良かった。」
そう言ってアヤネは、背負い魔を差し出す。
「え…と、受け取って、いいんだよね。」
「ええ…、先ほどの決闘で、大切なものを取り戻した気がします。」
「それは良かった…うん。ありがとう。」
そう言って、芽依は背負い魔を受け取る。
手が触れあって、アヤネが微笑んだ。
2007/1/8
とりあえず修行編を公開しました。
やっぱり戦闘シーンの物足りなさが目立つかなと…orz
ちなみに私は実物と戦ったことがないので、どんな攻撃してくるか分からないのですよ…(´・ω・`)
今度チェインソード両手に確認してみますよ…w

2007/4/20
ようやくみにょん編を書き終えました。
一時期スランプに陥って…と言い訳してますが、実際は書いた物が消えて書く気にならなくなった、とw
雛野編はすぐに書き終える予定です。

2007/12/8
「光彩」の後の話でシルヴィアさんのキャラを登場させる予定です。
しかしそのキャラの性別、職業が不明なので登場させた瞬間その回の話は終了な雰囲気が濃厚です。
あと、短編小説の「挑戦状」は良い感じの作品に仕上がったと思います。
つつじ君の戦い方がフェイントとは…ずるいですねw

2008/1/17
次の小説のタイトルが決定。
長らくお待たせしました!現在執筆中。
あと、勢いで一本書き上げました。
三人称小説にチャレンジしてみたのですが、如何でしょう?w
初期の作品(非公開)と比べると格段に表現力が上がってるはず。
頑張って書き続けるのでよろしくお願いします!w

追記:ぶれますスレの作品も転載してきました。
どうしてか、と言うと…。より多くの人に見てもらいたいからですね、はい。
これからもよりよい作品を書いていく次第です。
ちなみに非公開の小説はECOと関係ない話です。なので非公開。しかも未完成。

2008/9/6
諸事情により、連載小説をストップさせていただきます。
ログインして暇してる時間でも連載小説を続けられるようなネタが出てこないので、
凍結とさせていただきます。
一話完結の小説はスローペースにて書いていきますので、宜しくお願いしますm(_ _)m
こちらの都合で休止という形になってしまい、申し訳ないです。
仮題:とりあえずあの『最強タンク』は出そう

本題:アップタウン演習場にて

「っち、気づかれたか。」
そう言って背中のブースト光を点火させて、凄い勢いで走り去る…あ、消えた。
まぁとにかくブーストで逃げた男が居た。
彼はクローキングを駆使して裏道まで走り去る。
そして裏道に入ったと同時に息を整え、回りを確認する。
(追っ手は…居ないようだな。)
そう判断した彼は別の場所へ移動しようとする。
すると。
(!?)
鈍い音が聞こえた。刃物と刃物がぶつかり合う音。
しかもこの近くから聞こえてきた。
彼はクローキングをしてその音の正体を確認しにいった。

そこには、一人のブースト闇を背負ったドミニオン族の男剣士と、
タイタニア族の女騎士が居た。
いや、男の方は『一人』と称すべきではないだろう。
しばらく隠れながら観戦していると、彼が寄りかかっていた家の壁に槍が突き刺さった。
(うぉぉぉ!?怖えぇぇ!)
内心そう思いつつも観戦していたが…、
男の方が二人に増えたのを見て流石にやばいと感じ、彼は脱兎の如くその場から離れた。

しばらくクローキングを駆使してアップタウン演習場を駆け回っていると、彼は一人で走っているドミニオン族の男騎士を視認した。
もう一回クローキングを発動させ、後ろから忍び寄り…、
ガッッ!!
短剣の柄が騎士の頭にスムーズに入り、騎士はその場に倒れ込んだ。
(よし、一人撃破!)
「……おい、そこのアサシン。」
相手を完全にノックアウトしたと思っていた彼は驚いて振り向く。
「さっきの一撃、痛かったぞ。」
そう言って騎士は立ち上がり、彼の腕を片手槍で強打した。
「っ!!」
腕を強打されて短剣を落としてしまった彼は予備の短剣を引き抜こうとするが、
(体に力が入らねえ…!!)
「じゃあな。」
騎士は槍を自分の体の前で柄を両手で持ち、目を瞑った。
そして目を開けて、三連続の突きを放った。
―――スピアサイクロン。
体が動かず、為す術も無かった彼は騎士の三連突きに耐えきれず、
彼はその場に沈んだ。
「っくそ…!」
「はっはっはっ。さっきのお返し―――」
騎士が言葉を言い切る前に、横から現れたエミル族の女剣士に居合いで斬られて、
騎士もその場に沈んだ。
「…………俺としたことが、横からの気配に気づかなかったぜ……。」
「……まぁ、めげんな。」

End

後書き
変な短編ですがまぁそこは気にしないでください(ぉぃ

ちなみにこれ、寝ている間に考えついたんです。
ある日寝ていたら天啓がひらめいたのです。
そー言うわけですぐ書き上がった(ぁ

うちはなんか文の区切りが上手くないんだよね。と言うのが今回書いての感想でした。
改善しようと頑張ってるけど、うーん。

ちなみにーですね。アサシンの彼については自キャラがモデルです。
騎士もそうですねぇ。タタラベのドミ♂をナイトに変えただけ。
あと、エミル剣士は私自身ですww百鬼哭はまだなので居合い…><;
っと言うか私自キャラモデルの小説しか書いてない!!w

まとまりがない後書きEnd
-前書き-

初めましての方初めまして。芽依と申します。
前後の流れを読まずに投稿する事をお許し下さい。。
今回小説の投稿に至ったのはは、
「私もぶれますスレの荒波に揉まれたい!」
と言う私のマゾ気質で投稿が決定しました。

ちなみに、当方ネカフェからの投稿なので、
感想を頂いても返信出来ないのが心苦しいです。
ですが、閲覧することは出来るので、
感想を頂いたら大喜びします。
そして励みにして頑張ります!

実在する人物を一名モデルにしております。
勝手に借りてしまった事をお詫び申し上げます。

それでは、長くなりましたが、
『花の名前の世界にて』の開演です。
皆様お楽しみくださいませ^^

-花の名前の世界にて-

私がこの世界に降り立ったきっかけは、ある人の日記帳だった。
その人の日記帳を読んだとき、私は無性に同じ世界へと行きたくなった。
そしてその人と同じ、花の名前を冠する世界へと降り立った。

私は時代劇の侍や、中世ヨーロッパの騎士に憧れていた。
なので、転職する際に剣を使う職か槍を使う職か悩んだ。
結局日本人な私は侍――ソードマンに白羽の矢を立てた。

綺麗な世界に感動し、凶暴な敵に吃驚し、
街中で行き交う人々に興奮し、敵を倒し経験値を稼ぎ、
全てが新鮮だった。独りでも楽しかった。

そしてレベルもそれなりに上がり、職専用装備をつけて満足して街を歩いていると、
ある男の人に声を掛けられた。
その人は金髪の男の人で、見るからに爽やかそうな人だった。
「そこの君、今、暇かい?」
声を掛けられたことの無かった私は焦って、
「ひゃい?」
と言ってしまった。
「うん、ひゃいと言った君だよ。」
「く、繰り返さないでください。恥ずかしいです…。」
「で、暇かい?」
「一応暇ですけど…。」
「なら、僕の話を聞いてくれるかい?」
「あ、はい…。」
この人は私を捕まえて愚痴でも言う気なのかと思った。
「実は今、リングメンバーを募集しているんだ。」
「はい。」
「それで、君に入って欲しいんだよ。」
「え…何故?」
「よく街で君を見かけるけど、何時も独りじゃないか。」
「…。」
「だから、君にもっとこの世界の魅力を教えてあげたいのさ。」
「はぁ…。」
「で、入ってくれるかい?」
「うーん……まぁ、ここで誘われたのも縁だし、入ってみます…。」
「そうかい!それじゃあ、宜しく!」
「あ、はい…アヤネです。よろしくお願いします。」

リングには沢山の人が所属していた。
みんな面白くて優しくて、色々な事を教えてくれた。
私もその話を聞き、みんなの役に立つように強くなろうと頑張った。
毎日が新鮮だった。前よりももっと楽しかった。
だけど、変わってしまったのは何時からだっただろう。
みんながみんなして効率を求めだし、競うようにレベルを上げた。
私も、効率を求めた。もっと強くなる為に。
経験値の美味しい敵を狩り、狩り、狩り。
反復作業。
何時しか、大切なものを失ってしまった気がした。

―――認められる為にレベルを上げる?
―――違うよ、みんなを見下したいからだよ。

不安になった私は、リーダーに相談しようと思い立った。

「アヤネ君、何だい?」
「リーダー、相談したいことがあるんです。」
「うん?」
「私は、ちゃんとみんなに認められていると思いますか…?」
「何を言っているんだい?」
「私もみんなと同じレベルにならないと認められてないような気がして…。」
「アヤネ君、それは考え過ぎじゃないのかい?」
「え?」
「心配しなくても、認めてくれる人はちゃんと認めてくれる。」
「…。」
「そうですね…リーダー、ありがとうございます!」
「お役に立てたみたいで良かったよ。」

一ヶ月たったある日、このリングに新人が入った。ソードマンの子だ。
私は、私の二の舞にならない様に、この子に色々な世界を見て回らせたい。
―――願わくば、「アヤネ」の後継者になる事を。

-後書き-
はじめに、スレ汚し失礼しましたm(_ _)m
良く分からない終わり方ですいません…。

アヤネのモデルですが、実は私自身なのです。
最初の部分…日記帳と転職は私の実体験です。
某イカさんブログを読んでECOに迷い込んだ子羊です。
最初の実在の人物をモデルというのは、この某イカさんの事です。
転職も剣か槍か悩みました。
あ、関係ないですか。
リーダーは、FF11の内藤列伝に出てくるリーダーをモデルにしました。
似ても似つかないですが…w

ちなみにですね、もう一人実在の人物をモデルにしようと思ったのです。
実力不足で見送りましたがね…。
○○○さんが所属していたリングから脱退した「三人目の彼」をモデルにしたキャラを出そうと考えてました。
ECO内で色々付き合いがある彼ですからキャラは把握出来てますが…、
でもやぱり、他人のキャラを出すのは非常に難しいです。。

今回はアヤネ視点でモノローグを展開していきましたけど、
モノローグもなかなか難しいですね。
話が破綻しないように頑張ったのですけどね。
もし次回を書くとしたらもっと楽しめる話にしたいと思います。
それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^
ひとこと・お知らせ
宣伝。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログについて
・ブログ名の読み方について
Turm der Luftspiegelungと書いて、
トゥルム デア ルフトシュピーゲルングと読みます。

・リンクについて
リンクフリーですのでご自由に!

・その他
Freesiaで見かけたら是非話しかけてみてください。
忙しくない限りは喜んでお返事いたします。
最新コメント
[02/02 シルヴィア]
[05/15 雨月]
[05/12 シルヴィア&ヴィーヴ]
[08/03 シルヴィア&ヴィーヴ]
[01/15 雨月]
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory     Material by cherish

(C)2008 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
(C)ARTDINK 2005 (C)CYBERFRONT 2005


忍者ブログ [PR]