忍者ブログ
ECOネタ界に新規参戦してみようとする人のブログ。 Freesiaにて同名キャラが活動中。
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[42] [28] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51
『ひとひらのことのは』

「ここは私専用の場所なの。来ないでくれる?」
彼女―――アヤネは、自己中心的な事を言う。
「貴方専用じゃないでしょう?ここは誰のものでもないよ。」
もう一人―――芽依は、至ってまともな事を言う。
「違う、私がずっと居るからここは私専用なの。」
「どうして?」
「どうしてって、それは居る時間が長いからに決まってるでしょう!とにかくあんたは邪魔なの!」
「醜いね。ガキ大将と同じだよ、貴方。」
「うるさい!!!」

永遠に続くとも思われた、不毛な小競り合いは…『王』の登場により一時的に中断される。
『王』は二人を一瞥すると、取り巻きのガーズを召喚する。
取り巻きを見たアヤネは、腰から剣を抜き、手に魔力を集める。
『王』を見た芽依は、背中から剣を抜き、出力を高める。
二人は、ほぼ一斉に走り出した。

『王』は走り出した二人を見て取り巻きに指示する。
取り巻きは、四散し二人に襲いかかるが、二人は意に介せず『王』を狙う。
どちらが先に手を出したかは分からないが、とにかく二人は『王』を斬りはじめる。
標的を追い『王』の元に戻ってきた取り巻きは、グラヴィティで吹き飛ばされ、旋風剣で切り刻まれる。
そして『王』は丸裸になった。

数刻の後、『王』は地に伏し、その場には背負い魔・ブーストが落ちていた。
芽依は、それを拾おうとしてアヤネの手に触れる。
「あ…。」
「…あ。」
視線が重なった後、アヤネはやはり、
「これは私のものなの!!」
と叫ぶ。
「全く…。そんなに欲しいなら正々堂々決着をつければいいのに。」
「そ、それよ!今から私とそのブーストを賭けて戦いなさい!」
芽依はとりあえず承諾をする。
途端、アヤネは芽依の手を掴み、時空の鍵を鍵穴―――何もない空間―――に差し込み、
アクロニアのダウンタウンに帰還する。
「ちょっと、心の準備が出来てないよ!」
「善は急げ、とよく言ったものよ!さあ早く!!」
「はぁ…こうなったら覚悟を決めるしかないか。戦え私。」

闘技場に入った二人は、剣を構える。
「いい?爆竹を投げたら試合開始よ!」
「分かった…。手加減は無しね。」
アヤネは爆竹を投げる。
そして、爆竹が鳴り響く―――試合開始。

炎魔剣「レヴァンテイン」に持てる限りの魔力を集め、その炎が勢いを増す。
機械剣「レーザーブレイド」のリミッターを解除し、出力が最大を超す。
炎はアヤネを嘗めるように大きく、そして高熱になる。
限界を超えた出力に剣が悲鳴を上げ、そして火花が飛び散る。
アヤネは、炎を身に纏わせながら芽依の方へ歩く。
芽依は、熱と気迫に気圧され、数歩下がる。が、すぐに火花を散らす剣を脇に構え、
そのまま走り出した。
アヤネはこちらへと距離を詰めた芽依に対し、剣を横に振る。
一閃。衝撃波が地を這い、芽依に迫る。
芽依は地を這う衝撃波を避けようと横っ飛びをする。
刹那。炎が芽依に襲いかかる。
この予想外の攻撃に芽依は驚いて動けず、まともにダメージを受けてしまった。
炎はさらに勢いを増し、芽依の身体を焼く。
「きゃああああ!」
悲鳴をあげ、気がついたかのように炎から逃れようとするが、
アヤネの斬撃無双を受けて吹き飛ばされる。
勢いよく転がる芽依。アヤネはさらに追撃をかける。
「呑まれてしまえ!!」
そう叫んで炎を纏った剣を全力で振り下ろす。
この体勢からの反撃は無理と判断した芽依は転がって避ける。
そして立ち上がり、再度剣を構えて相手を見据える。
アヤネは立ち上がった芽依を見、両手で剣を握りしめ勢いに任せてなぎ払う。
それを剣で防御しようと剣を構える芽依。
互いの剣がぶつかり、そして―――突き刺さった。
機械剣の出力を上げすぎた為に、刀身部分が熔解し脆くなっていたのである。
脆い剣で防御を行った芽依は剣が折れた事を認識するのと、
自分の脇腹に剣が突き刺さっている事実に気がつくのは、同時だった。

「っ…!!」
芽依は驚き、剣の残骸を取り落とす。
しめたとばかりに炎魔剣「レヴァンテイン」の魔力が一気に上がった。
炎は先ほどよりも大きく、アヤネを呑み込む。
そのまま走り込み、勢いに任せて剣を叩き込むアヤネ。

アヤネの剣が芽依に吸い込まれる、その時。

紫の光がアヤネの剣をはじき返す。
「!?」
体勢を崩しながらも立て直し、反射的に相手を見据える。
芽依の手には、黒い剣が握られていた。

「あはは…ごめん、これは使いたくなかったんだけど…。」
すこし申し訳なさそう芽依が言う。
そして、脇腹の痛みに顔をしかめながらも剣を構え、
アヤネの目の前まで移動していた。
無拍子。そして、百鬼哭。
負けじと斬撃無双を放つアヤネ。
剣と剣が交差し、そして離れる。
アヤネの手から、レヴァンテインが離れてしまった。
そしてその首に剣を突きつける芽依。
「どうする?降参?」
「まだ……っ!」
「動くと、斬るよ。」
「…降参します。」
「分かった。私の勝ちね。」
そう言うと同時に芽依はその場に倒れ込んでしまった。

「気がついたかしら?」
そう言われて、芽依は目を開ける。
「ぁ…ここは…?」
「私…アヤネの家。」
「アヤネ…さっきの決闘の…。」
「ええ。脇腹は大丈夫なの?」
「うん。もう痛くないよ。」
「そう…なら良かった。」
そう言ってアヤネは、背負い魔を差し出す。
「え…と、受け取って、いいんだよね。」
「ええ…、先ほどの決闘で、大切なものを取り戻した気がします。」
「それは良かった…うん。ありがとう。」
そう言って、芽依は背負い魔を受け取る。
手が触れあって、アヤネが微笑んだ。
PR
ひとこと・お知らせ
宣伝。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログについて
・ブログ名の読み方について
Turm der Luftspiegelungと書いて、
トゥルム デア ルフトシュピーゲルングと読みます。

・リンクについて
リンクフリーですのでご自由に!

・その他
Freesiaで見かけたら是非話しかけてみてください。
忙しくない限りは喜んでお返事いたします。
最新コメント
[02/02 シルヴィア]
[05/15 雨月]
[05/12 シルヴィア&ヴィーヴ]
[08/03 シルヴィア&ヴィーヴ]
[01/15 雨月]
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory     Material by cherish

(C)2008 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
(C)ARTDINK 2005 (C)CYBERFRONT 2005


忍者ブログ [PR]