忍者ブログ
ECOネタ界に新規参戦してみようとする人のブログ。 Freesiaにて同名キャラが活動中。
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [47] [48
アクロポリス、ダウンタウンの一角…芽依とその仲間が暮らす家がある。
その家の住人で今は行方知らずとなっている一人のドミニオンが居た。
彼女は家を飛び出して、ずっと修行に励んでいた。
そして今、修行の成果を見せてやろうと家路についたところであった。
「芽依達は元気でやってるかな~…。」
家を飛び出した際、通信端末のフレンドリストから芽依とみにょんの名を消した彼女は、
二人が今何をやっているか分からず終いであったのだ。
たまに芽依からメールやウィスパーが送られてくる事があっても、
決して返事はせず、ずっと放置していた。

丁度ダウンタウンの何でも屋付近に差し掛かったとき、それは不意に起こった。
後頭部に鈍い衝撃、続いて激痛が走る。
呻き声すら上げることを許されず、昏睡を強制された彼女はそのまま地面に倒れ込んで、
何でも屋の隣の民家に引きずり込まれた。

「…ぅ…うん…?」
意識がまだハッキリと定まらない中、彼女は自分の状態を整理しようとしていた。
(…えーと、何でも屋の前で、何かに殴られて…。)
動こうとするも、手と足を縄で縛られている為、上手く動けない。
「お目覚めのようだな、魔術師?」
彼女はその声に反応し、声のした方角に顔を向けるも、誰もいない。
「目で探してもお前には見えないさ。俺は隠れているからな。」
「隠れていないで、早く出てきなさいよ!」
強がっているものの、彼女の内心は動揺していた。
「そうか、魔術師がそう言うなら仕方ない。」
そして現れたのは、黒い衣装に身をまとった、タイタニアの男だった。
「貴方は…誰!」
「ご覧の通り、ただのアサシンだ。仲間内からは『銀』と呼ばれているがな。」
『銀』と名乗った男は冷笑を浮かべながら彼女を見下ろしている。
「女を手に掛けるのは俺の趣味じゃないんだが、奴の命令には逆らえん。」
「…とにかく、ここから出して。」
「誰が出すかよ。脱出したければ自分でやるんだな、魔術師。」
魔術師と言われて、彼女は気が付いたかのように魔法を詠唱し始める。
「風よ……踊り―――」
何者かに口を塞がれ、それ以上の詠唱が出来なくなってしまった。
「ヒントを与えてどうするつもりだったの?『銀』。」
「いや、何。お前が止めてくれると踏んでたからな。」
もう一人、この男の他に女が居たらしい。
「ふぅん…。」

男らが会話している間に彼女は次に取るべき行動を考えていた。
そして、低い声で詠唱を始める。
(風よ……踊りたまえ…剣と共に…)
「ダンシングソード」の詠唱が終わった。
手足の縄は切れ、彼女の四肢に自由が戻った。
「…さて、そろそろお返ししないとね~。」
「「!?」」
彼女は笑いながら、詠唱を始めた。
「我の眼前の敵を蹴散らせ…『ルミナリィノヴァ』」
途端、大きな魔法の球が男らを襲う。
「ぐ…だが、やられる訳にはいかねぇな…。」
そう言って『銀』は短剣を引き抜き、そして消えた。
「『インビジブルブレイク』!」
まばゆい光と共に、『銀』の姿が浮かび上がった。
「一筋縄じゃ、行かないようだな…。」
「『銀』、行くよ!」
「任せた。」
連携を開始し始める男らだったが、彼女の前にはそれも無力に過ぎなかった。
特大の魔法の球を落とされて、為す術もなく破れた。
「ふふん。まぁ、ざっとこんなものでしょう。」
そう言って彼女は扉から出て行った。

「ただいま!」
「…え、え?」
久しぶりにあった芽依はそんなに変わってはいなかった。
「…あなたは、どなた?」
「忘れたの?雛野だよ~!」
「え…、雛野!?」
芽依は、彼女の名――『雛野』を聞いた瞬間、飛びついてきた。
「わっ、重いよ!」
「重いとは失礼な…。」
そう言った芽依の目には涙が浮かんでいた。
「雛野、また会えて、良かった…。」
「…ごめんね、今までずっと何も連絡しないで…。」
「気に…しないで…。」
「うん…ゴメンね。」
それから彼女は大いに泣いた。さっきまでの痛みを全て放り出すかのように。
PR
ひとこと・お知らせ
宣伝。
カウンター
アクセス解析
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログについて
・ブログ名の読み方について
Turm der Luftspiegelungと書いて、
トゥルム デア ルフトシュピーゲルングと読みます。

・リンクについて
リンクフリーですのでご自由に!

・その他
Freesiaで見かけたら是非話しかけてみてください。
忙しくない限りは喜んでお返事いたします。
最新コメント
[02/02 シルヴィア]
[05/15 雨月]
[05/12 シルヴィア&ヴィーヴ]
[08/03 シルヴィア&ヴィーヴ]
[01/15 雨月]
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory     Material by cherish

(C)2008 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
(C)ARTDINK 2005 (C)CYBERFRONT 2005


忍者ブログ [PR]